TOPIC 化粧品広告のきほん 薬機法

化粧品広告のきほんのき〜効果の保証はNG〜

こんにちはー。 今月の連休もあっという間に過ぎていってしまいましたね。来月と再来月の連休が今から楽しみで仕方ありません。はやくきてー。 化粧品広告のきほんのきシリーズをしばらくお休みしていましたが、今回久しぶりに再開しますね。 めっちゃ基本だけど、結構うっかりやらかしてしまう“化粧品効果の保証表現”のルールとNG例をお届けします。 効果の保証はNG まず、商品の効果を保証する表現は一律不可とされています。 「絶対乾燥しない!」「理想の肌を叶える!」など、商品を使用すれば確実に効果を得られるような表現は出来 ...

ReadMore

TOPIC 特定商取引法

【特商法改正】初回お試し定期商法の注意ポイントはこれ

こんにちはー。 夏休みシーズンに突入し、日中の暑さが殺人的になりましたね。毎日牧場しぼりを食べながらパソコンに向かっています。 ここ数週間は特定商取引法の改正を受けてか、LPのオファー周りの表記に関する相談が一気に増えました。 そこで今回は、先月末に公表された通信販売の広告表示に関するガイドラインの注目ポイントと、表記漏れ注意な義務表示について取り上げますね。 初回お試し定期商法に要注意 特定商取引法の改正に合わせて、「インターネット通販における『意に反して契約の申込みをさせようとする行為』に係るガイドラ ...

ReadMore

TOPIC 景品表示法

他社比較ってやっぱりリスク高いよね

少し前に割と有名な方の食品広告がいきなり炎上していて、今の世の中いつ何どき着火するのか恐ろしいなーと思ってちろっとのぞいていました。 色々指摘されていた中のひとつに他社誹謗というか比較広告が挙げられていたのが引っかかったので、今回は比較広告を取り巻く法規制と掲載時の注意点についてお届けします。 比較広告ってなんでいけないの? そもそもなんで他社商品と比較する広告が問題になってしまうかというと、他社誹謗につながりやすいからなんですね。 商材によっては公正競争規約や業界団体のガイドラインに、他社誹謗はNG!と ...

ReadMore

TOPIC 薬機法

【勘違いしがち】雑貨で消毒効果が言えるレアケース

昨年春ごろはアルコールジェルが品薄で、ドラッグストアで運良く見かけた時はすかさず購入していましたが、今ではすっかり供給も安定し各社から機能やデザイン豊富な商品がたくさん出ていますね。 一時は指定医薬部外品から化粧品、雑貨まで、さまざまなアルコール配合ハンドジェルの相談をいただいていたものの、ここ最近はめっきり減りました。 そんなアルコール配合ハンドジェルでたまに見かける勘違いパターンがありまして、つい最近も結構大手のメーカーの通販広告原稿で見かけヒエッとなったので、今回取り上げることにしました。 指定医薬 ...

ReadMore

TOPIC 薬機法

新型コロナウイルス検査キット<広告注意ポイント>

数ヶ月前に投稿した、PCR検査キットの広告表現のページのPVが再び伸びていて、何か動きがあったのかなーと気になっている今日この頃です。 PCR検査キットの広告表示は薬機法対象? おそらく考えられるのは、全世代へのワクチン接種がようやく進みつつあるからでしょうか? 数ヶ月前は、雑貨のPCR検査キットや抗原・抗体検査キットの広告問い合わせが多く寄せられましたが、ここ最近は中和抗体検査キットに関する相談がちらほら入ってきています。 ワクチン接種後に抗体が出来ているかを調べるために中和抗体検査キットが活躍するよう ...

ReadMore

TOPIC 景品表示法 薬機法

劇的ビフォーアフター的画像は危ないんだってば

前回「※効果には個人差があります」表示は意味無いですよーというお話をしましたが、つい先日まさにこれ系の措置命令が出たのでそのお話と、これまたやらかしがちなビフォーアフター表現について取り上げます。 「※個人の感想です」は本当に意味無い 6月3日に、ダイエット食品とまつ毛美容液を販売していた事業者に対して措置命令が出されました。 ダイエット食品の広告には、「※コメントは個人の感想です。使用感には個人差があります。」や「※ハウワイに寄せられたお客様の声であり、効果ではありません。」と記載されていましたが、消費 ...

ReadMore

TOPIC 景品表示法 薬機法

「※効果を保証するものではありません」って書いたらセーフ?

高齢者へのワクチン接種がスタートしてから大分経ちますが、地元でもようやく1回目の接種を終えた人たちが増えてきました。予約を取るのに苦労している様子を見ていると、スマホの所有率が上がったとはいえまだまだハガキなどの連絡手段も必要よねと感じます。 今回は最近ますます行政が神経質になっている、「※効果を保証するものではありません」系の注釈表示について、法的リスクと対策をまとめました。 なんとなくとりあえず書いとくかと思ってしまいがちなこの注釈。行政の温度感と事業者側の考えに結構乖離が起きがちなので、取り扱いに注 ...

ReadMore

TOPIC 化粧品広告のきほん 薬機法

化粧品広告のきほんのき〜ランキング広告〜

今年のGWもあっという間に過ぎていってしまいましたね。観葉植物の手入れやモンハンをしたり、数ヶ月ぶりに会った姪や甥と食事をしたりと、のんびり過ごせて満足です。 GWに入る前まで頻繁にご相談いただいた広告表現のひとつに、化粧品のランキング広告があります。 化粧品広告では他社商品との比較自体がNGとされていますが、googleでちょっと検索するとアフィリエイト目的のランキング広告はゴロゴロ出てきますよね。 今回は化粧品のランキング広告に係る法規制と可能な表現についてまとめました。 化粧品広告では他社誹謗NG ...

ReadMore

TOPIC 化粧品広告のきほん 薬機法

化粧品広告のきほんのき〜シワ改善どこまで言える?〜

パソコンに長時間向かっていると、眉間のシワが深くなってしまったような気がします。そろそろボトックスを打とうか、それともレーザーにしようか、、、仕事の合間につい考えてしまいます。 最近はシワ改善化粧品がドラッグストアにも多く並ぶようになりましたね。 以前は1万円をゆうに超える価格が基本でしたが、数千円代の商品が多く出回るようになり、いち消費者として嬉しく感じています。 前回の投稿では、今回のトピックスを最近の気になる事例にしようかなとお話していましたが、気が変わりきほんのきシリーズを再開することにしました。 ...

ReadMore

TOPIC 景品表示法 薬機法

空間除菌で99.9%除菌をうたえるか

春だからか毎日眠気がひどく、前回の投稿から随分と日があいてしまいました。 今回は前回の予告通り、除菌商材の広告リスクについてお話していきますね。 昨年から今年にかけて様々な除菌商品が措置命令や監視指導を受けていますが、その中の空間除菌商品について行政の温度感と広告リスクをまとめました。 消費者庁は長年問題視 空間除菌商品とひとくちに言っても、置き型や携帯型、スプレー型など使用方法は様々ですが、いずれの使用方法であっても除菌効果に合理的な根拠がないとして過去に多くの商品が措置命令を受けています。 これらの商 ...

ReadMore

error: Content is protected !!

© 2021 広告法務のあれやこれや