薬機法

TOPIC 景品表示法 薬機法

2021/3/7

アフィリエイト広告規制へのカウントダウン

ここ最近は年度末のためか行政の動向が活発ですね。 前回の予告では免疫系か特商法改正あたりをと書いていましたが、先週消費者庁よりアフィリエイト広告に対する注意喚起とアフィリエイト関連の措置命令が公表されたので急きょトピックスを変更しました。 アフィリエイトサイトへの警告? 今回化粧品や医薬部外品を供給する事業者2社が、どのような問題のあるアフィリエイト広告を行なっていたかについて細かく指摘を入れた注意喚起資料が公表されました。 リンク先のリリース文面を見ていただくとわかるのですが、定期購入の広告というところ ...

TOPIC 景品表示法 薬機法

2021/3/2

サプリビジネスの炎上を見ていて思うこと

もともとは免疫系サプリについてまとめようと思ったのですが、ここ数日Twitterでフェムテック界隈のサプリビジネスが炎上していたので、薬機法と景表法の観点から思うところをつらつらと書くことにしました。 企業責任?アフィリエイター責任? 今回問題になっていたサプリ商品は、販売手法としてアフィリエイターによる記事広告や漫画広告などを乱発していたようですが、その広告の中や公式SNSで薬機法などに抵触する表現を多用していたことから、けしからん!と問題視されたみたいですね。 アフィリエイト広告の質を無視してとにかく ...

TOPIC 薬機法

2021/2/11

PCR検査キットの広告表示は薬機法対象?

朝刊折り込みにPCR検査キットの広告が入るようになり、PCR検査がこんなに身近になったのかーと何ともいえない気持ちになりました。体外診断薬ではない雑貨の検査キットは、精度がよくわからないのでどうしても穿った目で見てしまいます。 今回は年始から頻繁に問い合わせいただくようになった、PCR検査キットの広告表示についてお話しますね。 そもそもPCR検査キットを販売できる? PCR検査キットを仕入れて販売したいけれど、そもそも自社の通販で取り扱って大丈夫なのか?というご相談をよくいただきます。 PCR検査キットは ...

TOPIC 化粧品広告のきほん 薬機法

2021/2/6

化粧品広告のきほんのき〜体験談はどこまで言える?〜

先日は春一番が吹いて、暖かい日が続くようになりましたね。今年の関東地方は暖冬のまま終わりそうで、寒さが苦手な身としてはちょっとうれしく思っています。 今回は化粧品広告のきほんシリーズに戻り、良くご相談をいただく体験談の取り扱いについてまとめていきますね。 お客様の体験談はそのまま使える? 化粧品広告で必ず見かけるといって良いほど掲載されている、愛用者の体験談。 実際に寄せられた体験談をそのまま掲載するのは危険です。 こんなに肌が綺麗になった!自分にすごくピッタリで、◯ヶ月使ったらシミが薄くなった!etc. ...

TOPIC 化粧品広告のきほん 薬機法

2021/1/24

化粧品広告のきほんのき〜他社誹謗について〜

関東地方は今年初の積雪かと予報がありましたが、なんだかんだ雨のままになりそうですね。寒さは大の苦手なので、雪が降らないのはちょっと嬉しいです。 今回は化粧品広告のきほんシリーズとして、他社誹謗の表現についてまとめました。 他社誹謗とは? そのものずばり、他社や他社製品を誹謗する表現のことを指します。 化粧品の品質や効能効果、安全性などについて、原則他社の製品を誹謗することは禁じられています。 広告でストレートに他社製品を誹謗することってなかなか無いと思うのですが、見落としがちなのが既存カテゴリーなどを自社 ...

TOPIC 化粧品広告のきほん 薬機法

2021/1/17

化粧品広告のきほんのき〜医薬関係者などの推薦〜

前回の投稿から随分と日が空いてしまいましたが、ようやくワードプレスの設定もろもろが落ち着きました。今後は投稿頻度をもっと上げていきます。 今回は化粧品広告のきほんのきシリーズ、医薬関係者などの推薦についてお話していきます。本業でもよくご相談いただく訴求ポイントで、皆さんどうしても広告で使いたい!となるのですが、厳しいルールが存在しているので、ついうっかり違反表現をしていた…なんてことが無いようご注意くださいね。 医薬関係者などの推薦とは? 医薬関係者というと医師や看護師、薬剤師などを想像するかと思います。 ...

TOPIC 薬機法

2020/12/14

yahoo!の広告掲載基準が厳しくなったよ〜化粧品・医薬部外品〜

仕事でyahoo!やLINEの媒体考査基準を調べていたら、yahoo!の考査基準が若干厳しくなっていることに気づきました。 化粧品と医薬部外品の項目なのですが、業界団体のガイドラインが改正されたので、それに合わせてNG項目を増やしたようです。 そこで今回はyahoo!の媒体考査で厳しくなった項目をかいつまんでご紹介しますね。 そもそも基準が厳しくなった要因である業界団体のガイドラインですが、日本化粧品工業連合会「化粧品等の適正広告ガイドライン」のことを指します。 もともと厚生労働省が策定した「医薬品等の適 ...

TOPIC 景品表示法 薬機法

2020/12/12

消毒って使ってOK?アルコール高配合ハンドジェルの広告表示

ドラッグストアもスーパーも、いっときの品薄状態から随分とアルコール配合のハンドジェル商品が充実してきましたね。 国内製造品から輸入品まで、いろんなメーカーから多種多様な商品が投入されています。アルコール高配合=消毒用とつい思ってしまうかもしれませんが、実は消毒って言えない商品もたくさんあるんですよ。 たぶんそういった商品は広告やパッケージに「消毒」とは書いていないハズ。 今回はアルコール配合商品の種類別に解説していきます。 まず、お店に流通するアルコール配合商品は大きく分けて「指定医薬部外品」「化粧品」「 ...

TOPIC 化粧品広告のきほん 薬機法

2021/1/11

化粧品広告のきほんのき〜特定成分の表示ルール補足〜

前回は化粧品広告の基本編第一弾として、特定成分の表示ルールについてお伝えしました。 普段何気なく見ている化粧品のパッケージや広告も、色々なルールに基づいて表示がされているんですね。 今回は前回書ききれなかった、特定成分の表示ルールの補足編になります。 前回の内容をサラッと復習しますと、化粧品に配合されている特定成分を書くことを「特記表示」、そしてその成分が配合されている目的を「配合目的」と呼ぶんでしたね。 そして配合目的は、化粧品で認められている56の効能効果の範囲内で事実に基づき書く決まりがあります。5 ...

TOPIC 化粧品広告のきほん 薬機法

2021/1/11

化粧品広告のきほんのき〜特定成分の表示ルール〜

空気が乾燥してきたようで、唇のカサつきが気になってきました。 寝る前にはちみつでも塗っておけばいいかな〜って思っていましたが、ふとんにつくのも嫌なので、本日リップを2本購入。最近のリップは数百円のものでも色補正が出来たりして、とても優秀なアイテムがたくさんありますね。 さて、今回は化粧品の広告表示の基本編第一弾として、特定成分の表示ルールについて書いていきます。 化粧品のパッケージや広告に「○○(保湿成分)」「うるおい成分○○配合」といった表示を見かけたことがあるかと思います。 化粧品に含まれている特定の ...

error: Content is protected !!

© 2021 広告法務のあれやこれや